UTMF終わりました。

Pocket

平成の最後を飾るUTMF2019が終わりました。

スタート前日は、東海道新幹線の新富士駅近くに宿を取り

当日は、バスでスタート会場の「富士山こどもの国」に向かいましたが、到着直前に結構な雨が降り出しました。

雨宿りするレーサーたち。シニア度は高い。

スタート前には一旦止んだもののこの雨は、レース終了まで続き最後は雪となったのでした。

真っ白け。視程は、200mくらいか!!

写真を撮ったのは、スタート時のみです。スマホが防水ではないので、レース中は、ジプロックに入れたスマホを取り出すのが面倒で撮りませんでした。っていうか”真っ白け”で写すものがありませんでした。

A1「富士宮」からA2の「麓」のは、区間距離が28Kmもあり、しかも予想通り難コースでしたね。通過するのに5時間くらいかかったと思います。

その後は、淡々と進みA7「山中湖」(きらら)に到着。到着前に雨が激しくなりました。ここまでで約25時間はかかったと思います。

レーパン一丁の下半身が冷たいです。これはマズイと思いロンパンとレインパンツに履き替え、豚汁とおにぎりをいただきました。それとコーヒーと紅茶とパンとポテチと・・・。

が、このエイドを出る気がしません。雨と寒さと・・・・。

でも気合いを入れてエイドアウト!!ここまで127km。あと38Km。日付が変わるまでにはゴールだ!!!!

エイドを出たのが、確か午後1時30分くらいだったと思います。

エイド直後の結構な斜面を俯きながら登っていると、雨が「みぞれ」になっていることに気づきました。

「マズイ!」

ここで作戦を変更しました。

ゴールを36時間以内と設定していましたが、目標を「完走」に変更!

汗を大量にかかないように登りはゆっくりと。

エネルギーを補給して、動いている限り「凍える」ことはないと判断しました。

上半身のレイヤーは、ミレーのドライナミック メッシュ ノースリーブ、モンベルのアンダーにレインウェアー。下半身はTNFのロンパンにレインウェアー。キャップに冬用のグローブ。しかしグローブもキャップもビショ濡れ。

見る見るトレイルは、雪に覆われていきました。

2時間ほど進んだでしょうか?逆行してくるレーサーと出会いました。

30代前半と思しきその選手は、私に向かい決然とした面持ちでこう言いました。

「この先の状況は、ますます悪くなると思いますので自分はここで”リタイア”します。」

「残念ですね。自分はもう少し進んでみます。気をつけて」(私)

のちに私は、彼の判断が正しかったことを思い知るのでした・・・・。

そして、ぼんやりとこんなことが脳裏がよぎりました。

(ゴールデンウィークは、毎年山の事故があるからな〜〜。)

つづく

ポチッお願いいたします!!!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ



にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です