BEAR100参戦記 後半戦

Pocket

なんとか睡魔とゲロゲロ感から解放されました。

(小川の精ありがとう!キャベジンありがとう!)

 

日が落ちると急激に気温が下がりました。

ヘッデン、防寒インナー、防寒アンダー、レインスーツ上下を着込みます。

ここは、たしか第7エイドの「Tony Grove」86km地点。

 

この後、日の出までに「Frankrin Trailhead」102km。「Logan River」113km。

「Beaver Mt.Lodge」125km。を通過していきました。

(すでに”走る”ことは不可能となり早歩きがやっとの状態です。)

 

 

「Logan River」113kmでは、第4ドロップバッグを回収しましたが、もはや補給食を摂ることが

困難になってきました。(甘いものを食べる気がなくなりました。)

このエイドでいろいろとお世話をしてくれたマダムに「お菓子の詰め合わせ」をプレゼントしました。

 

「オー。マム。いろいろとありがとうございました。これ良かったら食べてください。

日本のスナックは、とてもおいしいですよ。」

「いえ。貴方が持っていきなさい。」

「あ~。もう十分に持っているんですよ。どうぞ食べてください!」

そんなこんなでエイドアウト。

 

「Tony Grove」(86km地点)で回収した”ストック”が大変役立ちました。

ガツガツ進みます。(早歩きですが・・・・・・。)

 

ようやく日の出の時間を迎えました。徐々に気温が上がっていきます。

レインパンツ、防寒インナー(下)から徐々に脱いでいきました。

 

第11エイド「Gibson Basin」138kmに到着すると

おいしそうなパンケーキとスクランブルエッグがサーブされていました。

列に並んでいるとすぐ前の選手が

「コレ貴方にあげるよ。」と先にパンケーキの乗ったお皿をくれました。

「マジ? いいの?」

「オーケー。オーケー。」

このエイドで10分ほど休憩しました。

明るくなってから気づきましたが、周りの選手が2人組みになっています。

 

「ペーサー」を付けた選手が増えてきたのでした。

(自分は相変わらずのボッチ行です。ちょっとうらやましく思いました。)

(この景色見ながら映画「ブロークバック・マウンテン」を思い出しました)

 

この後、2013年のUTMB以来に”幻視”を体験しました。

 

森を進んでいると林の中に錆びたスズキのジムニー(ジープ型の軽自動車)が3台見えます。

が、5mほどに近づくとそれは、切り株でした。

また、林の中に野外フェスのステージが見えたこともありました。

 

 

そんなこんなで「Beaver Creek Camp」141kmに到着。

ようやく”ゴール”が射程圏内に入ってきました。

 

あと24km!!! このペースでいけばあと5時間ほどでゴールできるはずです。

 

ポすっとしていただけると励みになります。よろしく!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です