BEAR100参戦記 ゴール編 ①

Pocket

(現地時間9月29日)

そんなこんなで、第13エイド「Ranger Dip」152kmを通過!!!

 

ゴールまで残り13km!!!

 

 

と、前方を進む2人組みに徐々に追いついてきました。

この2人はたぶんご夫婦とお見受けしました。

奥さんが「100マイラー」、旦那さんが「ペーサー」のようです。

奥さんは、足が痛いようで”ビッコ”を引いています。痛々しいですが、がんばります。

(右が奥さん、左が旦那さん)

旦那さんは、そんな奥さんをスマフォで撮ったり、音楽をかけたり・・・・。

一生懸命励ましていました。

 

そんな旦那さんがこっちに向き直り声をかけてきました。

「ちょっと!!さっきのとこ見た?」

「あれは、”レンジャーディップ”っていって、昔レンジャーが水浴びしたんだよ」

(って、アメリカの人は日本人であろうが誰であろうが英語がしゃべれる前提で

話してきます。)

「あ~。そ」(思い起こすと何か窪みがあったかも?)

 

そして、いよいよBEAR湖が見えてきました!!!

(ゴールのフィッシュヘヴンは、湖畔にあります。)

 

 

すでに、延々と下ってきています。(くだりが足に堪えます。)

振り返ると下ってきた山々が目に入りました。

 

 

ゴールは近い!!!

 

いよいよ舗装路に出てきました。かなりゴールに近づいてきた印象です。

そんなこんなで舗装路を進むとスタッフらしき女性を発見!!

「あと1.5マイルよ!!!」

(1.5マイルって、えーと。2.4kmもあんの!!!)

 

近くの住宅に住む人たちも応援してくれています。

「もうチョットやで!!!」

 

 

かなり広い道に出てきました。遠方に公園らしきものを発見!!

先行する選手が入っていきました。

続いて公園に入るとゴールらしきものを発見!!!

 

残り100m!!!!

 

オーディエンスたちが声援をかけてくれます。

「フォーーーーーーッ!!!」「フォーーーーーーッ!!!」「フォーーーーーーッ!!!」

 

そして、「ゴーーーーーーーーーーールッ!!!!!!!!!」

 

(って、スタート同様ゴールのテープもラインもありませんでした。)

やっと終わりました。

 

記録は、「32時間56分11秒」。まずまず計画通りでした。

とりあえずゴールでコークをもらい一気に飲み、最終のドロップバッグを回収しました。

中には、ビーサン、ikeaの袋が入れてあります。

 

シューズを脱ぎ、ビーサンに履き替え、トイレで顔を洗いました。

鏡を見ると目が土煙で赤く充血していました。グラサンしとかないと

マリファナ吸ってると思われる。と思いました。

 

そして、一息つくと私はあることが気になり始めました。このレースはワンウェイ。

 

私は日本を発つ前に、WEBでゴール地点からローガンを結ぶ

「シャトルバス」なるものを20ドルで予約していました。

 

近くにいたスタッフに

「すんません。シャトルバスって何時に出るんですか?」と聞くと

そのおばさんは、

「えーと。7時よ。」

「えっ。7時?」「はい。7時。」

ってあと4時間もあるやん!!!!

 

まー。 ルービー飲んで、昼寝でもして待つか・・・・・。

って明日の朝の空港行きバスは午前3時30分発です。  キッついな~~。

 

 

スマフォで暇つぶしするか~~。

レース中持参していたIphoneも3時間くらい前にバッテリーがなくなり

このモバイルバッテリーで充電していました。

(これも今回の遠征に合わせて購入したものです。Iphone2~3回は充電できます。)

 

 

と、ここで緊急事態発生!!!!

 

コレ買っといてホント良かったです。神に感謝しました・・・・・・・・。

 

次号を待て!

 

ポすっとしていただけると励みになります。よろしく!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です