BEAR100参戦記 ゴール編 ③

Pocket

(現地時間9月29日)

 

思いもかけず表彰式に参加でき感動しました。

そうこうするうちに表彰式も終了となり、皆帰る準備に入りました。

 

どこからシャトルバスが出るのかわからなかったので、

荷物を沢山抱えた、長身の白人男性に聞きました。

「え~と。すんません。シャトルバスってどこから出るか知ってます?」

「あ~。ぼくもバス待ってるんやけど、どこかわからへんわ~。」

「あ~。そーすか。」

「ところでレースどうやった?」と男性。

「まーまーやったよ。32時間かかったけど。」

「グッド、グッド」

「ところで、バスは、あっちの広い道から出るんちゃうかな~。」と私。

 

2人でぞろぞろ広い道まで移動しました。

しばらくすると、こんなバスが来るじゃないですか!

これって「スクールバス」やん!!

どうやら「シャトルバス」ってこのバスのようです。

バスに乗る人って20人もいなかったけど、2台も来ました。

(ん~~。アメリカン!!)

 

バスに揺られること2時間弱。

ようやくスタート地点のローガンに帰ってきましたが、バスが到着した場所は、

町外れの大きな駐車場でした。

さっそくIphoneを取り出し、地図アプリを起動。

しらべるとホテルはここから約4kmほどあります。(え~~。また4kmもあるくの~。)

 

歩き始めるとさっきの白人男性が声をかけてくれました。

「気をつけて、日本まで帰りなよ!」

「そっちも運転気をつけて帰りなよ!」

(彼は、ワイオミングから6時間車を運転して来たようでした。)

 

方角がわからず右往左往していると、またさっきの彼が今度は、車から声をかけてくれました。

「おーーーい。大丈夫か~?」

”乗せてくれ”という言葉がのどまで出かけましたが、わたしもジャパニーズ”サムライ”。

「おーーーー。大丈夫やで!! バーーーーイ!」と返しました。

 

でも、ホント優しい人たちばかりです。

 

そんなこんなで、テクテクテク・・・・・。ホテルに帰ったのは午後10時くらいでした。

そこから、ロスの宿泊先をエクスペディアで検索、予約。

職場の同僚へメールで連絡をとろうとしましたが、相手先の設定せいか何度送っても

「送れませんでした。」と返ってきました。(少々狼狽しました。)

 

そうや!!  あることを思い出しました。

 

出発前にダウンロードした「LINE OUT」を使おう!!

コレは1日に3分以内の通話が5回かけれます。(無料です。)

 

ようやく職場に連絡することができ、事情を伝え休暇をもう1日もらいました。

(すんません。感謝、感謝です。)

 

と、コンビニで買ったルービーを飲み、ようやく就寝となりました。

明日は午前2時30分起床!!。

午前3時55分発のソルトレイクシティー空港行きのバスに乗ります。

 

 

ポすっとしていただけると励みになります。よろしく!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です