ボストン BOSTON

Pocket

このドキュメンタリーを見ました。

題名どおりボストンマラソンを取り上げたドキュメンタリーです。

大変感動するとともに驚いたことがたくさんありました。それは、

1960年台まで女子選手は、出場できなかったこと!

その頃のアメリカの陸上競技では、女性の走れる距離は、最長2マイル(3.2Km)と

考えられていたようです???

 

I saw this documentary.

It is a documentary that took up the Boston marathon as the title.

I was impressed very much and there were lots of surprised things. that is,

Women’s runnner were unable to participate until the 1960’s!

In the American athletics around that time, the distance the female can run is up to 2 miles (3.2 Km)

It seems to have been considered? What? What?

 

それをブッチギったのが「BOBBI GIBB」選手。

こっそりスタートして、ボストンマラソン初の女性完走者となりました。

 

It was “BOBBI GIBB” runner who broke out.

I started secretly and became the first woman to complete the Boston Marathon.

 

そして、もう一つの驚いたエピソードは日本人選手も結構頑張っていたことです。

日本人初の優勝者は、1951年の田中選手です。太平洋戦争か終戦からわずか6年後

田中選手は、広島出身で原子爆弾の被爆者でもあります。

そして、そして、この田中選手は「陸王」で優勝したのです!!!

 

And another surprising episode is that Japanese runners were doing their best.

The first Japanese winner is Tanaka of 1951. Just six years after the Pacific War or the end of the war

Tanaka is from Hiroshima and is also an atomic bomb victim.

And, this Tanaka player won the “Rikuo”! ! !

(田中選手と「陸王」)

優勝のニュースは全米中に知らされましたが、彼のあだ名は

「アトミックボーイ」

なんだかな~~。日本人からすると違和感感じますね・・・・・・・。

(Tanaka and “Rikuo”)

The news of the victory was informed throughout the United States, but his nickname is

“Atomic Boy”

Somehow ~ ~. I feel uncomfortable if it is from Japanese.

 

そして、最近では(最近でもないか)

瀬古選手とビル・ロジャース選手の1,2位争い

1972年大会でした。

後半は、2013年の「プレッシャー・パン・ボム」によるテロ時のお話と

再起大会となった2014年大会のお話でした。

走るモチベ―ションがかなり上がります。

皆さんもぜひご覧ください!!!

And recently (recently not even)

The 2nd ranking of Seko and Bill  Logers players

It was a 1972 convention.

In the second half, the story of the time of terrorism by “Pressure · Pan · Bom” in 2013

It was a story of the 2014 convention that was a recurrence event.

The motivation to run will rise considerably.

Please also take a look at everyone! ! !

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です