身体のメンテナンスに行く

Pocket

If you would like to read in English please change the language on the tab on the right

 

本日は休日ですので、身体のメンテナンスに行ってきました。

 

 

4月初めのハセツネ30K、4月下旬の奥三河パワートレイル。

これらのレースの間に職場の引っ越しと「腰」がヘロヘロになりました。

 

というわけで、

板宿にある「めぐみ鍼灸院」です。

開業70年。「プロ中のプロ」「キング オブ キングス」

予約なしで午前9時40分に到着し、呼ばれるまでしばらく待ちます。

(普通の病院のように”受付”はありません。待合室に入りただ待ちます。

いまだにシステムが理解できませんが・・・・。)

 

暫くすると、ドアが開きマスターが顔を見せました。(年齢78歳くらい?)

 

「え~~。お名前なんでしたっけ?」

「〇〇です。」

「あ~~。はいはい。」

いましばらく待ちました。

 

そして、再びドアが開きました。

「来られるの久しぶり??」

「えーと、1年ぶりくらいですかね。」

「あ~~。はいはい。カルテが見つからなくてね~。」

 

またまた、しばらく待ちました。

 

そして、再びドアが開きました。

「カルテありましたわー。どーぞ―。」

 

というわけで診療室に入りました。

まずは、カーテンを閉めて「パンツ1丁」になり、あおむけに寝ます。

 

するとマスターが来られました。

「今日はどうされました?  腰ですか?」

「腰が重、ダルいんです。 あと右足の太ももの裏とふくらはぎが痛いんです~。」

 

と、マスターは血圧計を取り出し血圧を測りだしました。

「う~ん。106の64やね。 前と同じくらいかな?」

「は~。そうですね。」

 

と次は、両手首を両手で握り脈を確認?しました。

「肝臓疲れてるね。お酒毎日飲みますか?」

「はい。毎日飲みますね。」

 

「じゃー。打っていきましょう。」

 

まずか仰向けに寝た状態で、体の前面に針を打っていきます。

足、おなか、前腕、鎖骨の部分、こめかみ、眉毛の生え際、天頂部。

そして、しばし”放置プレイ”。(約15分くらいでしょうか)

この間マスターは、ベットからは離れられます。

 

そして約15分後、マスターが再び登場し、次は背面に打っていきます。

こちらも足、腰回り、肩、首。そして再び”放置プレイ”。

(感覚としては、皮膚の1センチくらい下に指を入れられて”グリグリ”される感じです。)

 

 

またまた15分ほどするとマスターが来られ、針を抜いていきました。

そして、次は「お灸」。

これは腰回りを中心に方、足、足首と責められました。

(結構熱いんですよ。ホント)

お灸が終わると暑さのために全身が熱くなりました。

これで終了!!  約1時間の施術でした。

 

これをやった後は、全身がダルクなります。が、翌日は「パッキーーーん。」と

絶好調になるんですよ。

 

皆さんもぜひお試しください!!!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です