神戸マラソンに向けて

Pocket

このブログのタイトルは、「世界走破自閉ランナー」なんですね。

これは僕が自閉症なんじゃなくて、僕の一人息子が自閉症なんです。19歳になりました。(知的レベルは、3、4歳くらいです)

そんでもって、この息子との活動を紹介して「自閉症」のことをもっと多くの人たちに知ってもらいたいなって思いで始めたブログなんです。

が、親父のトレランネタのブログと化してしまいました。

ここで本題である自閉症の息子のネタに戻します。

息子は、今回人生初のフルマラソンに出場します。次の日曜日です。これまでの戦歴は、「ハセツネ30K」とハーフが2発です。

ハセツネ30kの模様は、こちらから。キジ打ちしながら走りました。

まー、山道30キロ走れたから平地の42kmなんか”楽勝”でしょ!

伴走は、自分がやるんですが何せ”半月板損傷”の負傷から完全には復帰していません。8割ぐらいは戻りましたが・・・・・・・。

なので作戦を考えました。名付けて

「アポロ11号作戦」

作戦の概要は、

スタートから9kmポイント(須磨海浜公園)まで伴走する。が、ここでオヤジは一旦離脱し、休憩。

(これより前進すると往路側から復路側への横断が困難となると思われます。)

息子はオヤジ離脱後単独で折り返したのち須磨水族園ランデブーポイント(約30km地点)で再びオヤジと合流しゴールへ向かう。

アポロ11号が月面着陸を成功させた時と同じで、着陸船と司令船を月軌道上で切り離し、着陸成功後に再ドッキングして地球に帰還したイメージですね。

この作戦ですと、オヤジは20kmくらいしか走らなくて済みますね。楽勝です。

しかし、息子は知的障害があるので心配ですから、これを導入しました。

1ヶ月330円のサービスです。

息子の携帯は、これです。「mamorino 3型」

この携帯には、このサービスが利用できる機能があるんです。

これでリアルタイムで息子の位置がわかりますね。接近してきたら目視で確認して合流します。楽勝です。

オヤジの装備品です。

オヤジは、今年のツールドフランスの覇者”カレブ・ユアン ”のアシストのように時には風除けになり、水と補給食を運び、”エース”をゴールスプリントへと導きます。

完走できたら、焼肉屋さんで大宴会だーーーっ!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

ポチッとお願いいたします!!
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です