沖縄合宿 番外編

Pocket

沖縄での「戦跡巡りと慰霊の旅」でのショックが大きく、

帰郷後「プチうつ」になりました。

 

 

帰ってから「沖縄戦跡」や「ひめゆり学徒隊」について、ググってみたり、

「島唄」の裏歌詞付をYouTubeでみたりして一人落ち込みました。

 

そして、この映画を見ました。1995年製作「ひめゆりの塔」

沢田靖子、後藤久美子のダブル主演!!

涙なくして見れません。そして、映画の中で合宿のときに見たことある風景を発見しました!

 

このシーンは、看護訓練の合間に女学生たちがピクニックに行って、みんなで合唱するところです。

ここって「垣花桶川」(かきのはなひーじゃー)ちゃうん!!!!

 

 

合宿のときに写した写真はこちら

どちらの写真にも画面左手に四角い構築物があります。

(なにかはわかりませんが・・・・・。)

それと、画面中央の樹木の位置関係と大きさがそっくりです。

 

運命を感じました・・・・。

 

 

 

そして、こちらは「瑞泉学徒隊」のサバイバー宮城巳知子さんの”語り”で構成された映画です。

瑞泉隊は、約半数の生徒が亡くなりました。

 

戦闘前は、日本軍将兵は女、子供を守ってくれると聞いていたのに

いざ戦闘となると自分たちは安全な場所にいて、学生たちを銃爆弾が飛び交う危険な

「水汲み」や「食料調達」に使ったそうです。

 

(合宿のときの写真です。ずいせんの塔です。)

 

そもそも合宿先は、どこになるかは分からなかったんです。っていうのは・・・。

 

JALのマイレージの有効期限が切れそうだったんで、これを申し込みました。

どこかにマイルっていうシステムです。行きの便の希望日時、帰りの便の希望日時を入力すると

4つの行き先候補が提示されます。 このときは、「山形」「福岡」「鹿児島」そして「沖縄」でした。

(どこに行くかは、神のみぞ知る・・・・。)(通常のマイルの半分以下で旅行できます。)

 

そして、申し込み後に4箇所のうちどこに行くかのメールが来ます。

それが「沖縄」だったんです。そして、ランニングのときも行き先に特に思い入れはなかったんです。

今まで5,6回は沖縄いったけど、本島南側って行ったことないな~? って感じでした。

 

しかし、走り出すと何かに導かれるように「戦跡」を辿る事になったのでした。

でも、「プチうつ」になったけど、行くことができてよかったと思います。

 

すべての日本人が事実を受け止め、平和について考えるべきだと思います。

 

いろいろ調べるとこんなドキュメンタリー「ひめゆり」を発見しました。

DVD化TV放映の予定はなく自主上映や沖縄の常設映画館のみで視聴可能な作品です。

 

是非見てみたいと思っています。

 

こちらも帰郷後に読んだ本です。

これは、1932年東京大学文学部を卒業し沖縄師範学校女子部教授となりひめゆり学徒隊を

引率し、多くの教え子たちを亡くした仲宗根政善氏の著書です。

上述の映画で永島敏行が演じている先生だと思われます。

驚いたのは、沖縄合宿 ③で紹介した壮絶な最期を遂げた女子学生もこの本に出てきたことでした。

お名前は、「平安名(ひやんな)さん」と記されていました。

 

是非 ご一読を!!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です