奥三河パワートレイル 中半戦

Pocket

If you would like to read in English please change the language on the tab on the right

 

「40㎞」の標識を過ぎると山がその本性を現しました。

「登る」、「下る」、「登る」、「下る」、「登る」、「下る」・・・・・・・・・・

しかもかなりの急勾配です。まさに「胸突き八丁」。

 

おまけに「偽ピーク」の連打で、心が折れまくり!!

喘ぎながら偽ピークに到達して、ふと前方を見上げると前を行く選手が

遥か上方に見えます。   え~~。ガックシ⤵。

(あそこまで登るのか~~~。)

 

 

 

しかし、何度か目である「法則性」を発見!!!

 

本当のピークには「スタッフ」がスタンバっています!

「糠喜び」することはやめてスタッフの居る「本当のピーク」を目指しました。

他の選手もかなり「消耗」しています。

 

とここで、視界が開けました。

Oh ,It’s a nice view !!!!!!!!

 

しかし、この辺で「足」は、お亡くなりになりました。  ち~~~ん。

 

またまた、「登る」、「下る」、「登る」、「下る」、「登る」、「下る」・・・・・・・・・・

 

おまけに水を飲もうとハイドレーションのチューブをくわえ吸い込むと

吸い込むことができませんでした・・・・・・・・。

 

ハイドレーションバッグをお使いの方は、ご経験がおありかと思いますが、

吸い込むもの(水)がなくなると「吸えなく」なります。(当然ですが・・・。)

 

私は、ここでまた、激しく狼狽いたしました。

 

つづく

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です