奥三河パワートレイル 前半戦

Pocket

If you would like to read in English please change the language on the tab on the right

 

いろいろありましたが、無事スタートを切れました。

(半分終わったようなもんですよ。)

 

スタート後は、ひたすらロードを登っていきます。

この前参加した「ハセツネ30K」では、トレイル入り口で大渋滞に巻き込まれましたので

少し無理をして、前方へ、前方へと詰めていきます。

 

コースが見通おせる場所に出たとき、先頭集団が約300m程度前方にチラリと見えました。

このくらいなら渋滞に巻き込まれることは、ないと判断しました。

(しかしこのレースのコースレイアウトでは、渋滞はたぶん発生しないと思います。)

 

いよいよトレイルへ入りました。

この辺りは、まだまだ「余裕」です。「楽勝」です。

 

牧場のようなところを通過しますが、2013年に参加したUTMBの最初のエイド

「サン・ジェルヴェ」へ向かうコースが思い出されました。

 

 

お花も私たちを出迎えてくれました。

(普段から山を走っていますが、花や木の名前って全然知りませんね。)ツツジ??

 

 

AS1の「つぐ高原」に無事到着、テーブルに人が群がっていたし、ペットボトルの水も

7割がた残っていたので、ここはスルーしました。

(このエイドの通過時間は、1時間17分)

 

 

 

順調に進んでいますが、徐々に気温が上がってきました・・・・・・・・・。

 

ここを越えると、林道を延々と下っていきます。

気分よくダウンヒル!!  (調子乗ってしまいした・・・・。)

 

AS2そして、AS3の「小松」に到着!!

(通過時間は4時間20分でした。)

 

ここで、はじめて「キャメルバック2リットル」に給水しました。

(アクエリアスと水を半々に入れていただきました。)

 

さらにさらに気温が上昇してきました。

 

このエイドを出て、「40K地点」の標識を見たころから

本当の「地獄」が始まったのでした・・・・・・・・。

 

つづく

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です