奥三河パワートレイル ゴール後

Pocket

If you would like to read in English please change the language on the tab on the right

 

ゴールしてから、思うところを綴ります。

第2回に出場したときのゴールタイムは、10時間33分で120位くらい。

今回は、11時間03分で70位くらい。

 

第2回と今回では、コースは変わってないと思いますが・・・・。

この差は「約30分」。

30分遅いのに順位は上がりました?????。

 

「母数」が小さいからか? UTMFへ選手が流れたからか?

第2回と今回とのリザルトで検証してみました。

 

男子の完走者数は、

第2回大会は、433名(このとき私の順位は、119位)

第4回大会は、241名(この時の私の順位は、70位)

 

計算してみますと第2回の時は上位27%中にいます。

今回の場合は、29%のところですので、やはり結果は前回よりも「遅かった」

ということになりますね。  ガックシ。

やはり「加齢」ですな。

 

ちょっぴりさみしいですね。

 

 

しかし、今回はかなり「過酷」でした。完走できただけでもオーケーとしましょう!

 

 

しかし「ワンウェイ」の大会は、国内では、この大会だけではないでしょうか?

さすが北米100マイルを連戦されてきた石川ディレクターです。

そして、各エイドでの熱烈歓迎、ホスピタリティー。素晴らしかったです。

 

ゴール後、コース上で何度も抜きつ抜かれしながら

共に走ったレーサーが私のもとにやってこられ、握手をしてくれました。

 

「しばらく一緒に走りましたね。おめでとうございます。」

「こちらこそお疲れ様でした。暑かったですね!」

 

自分が完走できたのは、スタッフやボランティアの方々がいてくれたから。

そして、ともに走ってくれたコンペティターがいてくれたからこそだと

思い知らされました。

 

少し胸が熱くなりました。

 

 

Thank you so much ,Everybody!!   See you!!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です